シングルシーター

出典: LFS Manual

LFSには様々なクラスのシングルシーターの車が以下の5台あります。

MRT5

MRT5
略称 MRT
駆動方式 ミッドシップエンジン リアドライブ
エンジン 600cc ターボ 直列4気筒
出力 48 kW (64 bhp) @ 7871 rpm
トルク 69 Nm (51 lbft) @ 5078 rpm
車両重量 221 kg (486 lbs)
パワーウェイトレシオ 217 W/kg (296 bhp/トン)
重量配分 フロント: 37.5, リア: 62.5
燃料タンク容量 20 リットル
サスペンション形式 フロント: ダブルウィッシュボーン, リア: ダブルウィッシュボーン

この車について

Formula SAEで競争するために、McGrill Racing Teamによって作られた、実際のMRT5をベースにしています。この車はオートクロスや低速コースには理想的な車です。MRT5はカートにパワーとデフを与えたような、ドライブするのがとても楽しい車です。実車の詳細はオフィシャルWebサイトをご参照ください。

セットアップのコツ

この車は柔らかいサスペンションにセッティングするのが最適です。コーナリング性能を落としてしまうので、スプリングをアンダーステアに振る必要はないでしょう。もしオーバーだと感じるのであれば、アンチロールバーを調整し、好みのバランスへセッティングしましょう。また、この車はデフのセッティングにとても敏感です。ビスカスLSDを使用し、出来る限りオープンな(低い)値に設定しましょう。タイヤの空気圧は低い方が良いです。リアのトーを調整するのが手っ取り早く、便利です。

Formula BMW

Formula BMW
略称 FBM
駆動方式 ミッドシップエンジン リアドライブ
エンジン 1.2リッター 直列4気筒
出力 105 kW (140 bhp) @ 8948 rpm
トルク 125 Nm (92 lbft) @ 6756 rpm
車両重量 465 kg (1024 lbs)
パワーウェイトレシオ 225 W/kg (307 bhp/トン)
重量配分 フロント: 42.0, リア: 58.0
燃料タンク容量 42 リットル
サスペンション形式 フロント: ダブルウィッシュボーン, リア: ダブルウィッシュボーン

この車について

この車は、V1 Championshipと呼ばれる2008年に設立したイギリスの会社によって使われていました。この会社は、テストシリーズを通じて新しいレーシングドライバーを見つけることを目的としていました。LFSはドライバーの選抜試験と、この車の開発テストに使われました。この功績によって、LFSはFomula BMWのモデリングと収録を行う権利を獲得しました。

セットアップのコツ

ダウンフォースを減らし、サスペンションを硬めにすることで簡単かつ速くコーナリングができるようになるでしょう。

Formula XR

Formula XR
略称 FOX
駆動方式 ミッドシップエンジン リアドライブ
エンジン 2.0リッター 直列4気筒
出力 142 kW (190 bhp) @ 7031 rpm
トルク 221 Nm (163 lbft) @ 4980 rpm
車両重量 490 kg (1079 lbs)
パワーウェイトレシオ 290 W/kg (395 bhp/トン)
重量配分 フロント: 45.0, リア: 55.0
燃料タンク容量 38 リットル
サスペンション形式 フロント: ダブルウィッシュボーン, リア: ダブルウィッシュボーン

この車について

Formula Renault 2000 レースカーをベースとした車です。強いダウンフォースのかかる車を理解するのに良い車です。パワーが他のフォーミュラカーに比べて少ないので、コントロールはしやすいでしょう。曲がりくねったコースではとても楽しく、LFSで最も人気のある車のうちの1台です。

セットアップのコツ

低速コーナーでコントロールしやすいよう、少しルーズなセットアップが必要です。ダウンフォースを調整し、高速走行中にもリアにトラクションが掛かるようにしましょう。あまりパワーが多くないので、ほとんどのコースではウィングの角度はあまり立てない方が良いでしょう。

Formula V8

Formula V8
略称 FO8
駆動方式 ミッドシップエンジン リアドライブ
エンジン 3.0リッター V型8気筒
出力 335 kW (450 bhp) @ 9092 rpm
トルク 385 Nm (284 lbft) @ 7422 rpm
車両重量 600 kg (1323 lbs)
パワーウェイトレシオ 559 W/kg (762 bhp/トン)
重量配分 フロント: 45.0, リア: 55.0
燃料タンク容量 125 リットル
サスペンション形式 フロント: ダブルウィッシュボーン, リア: ダブルウィッシュボーン

この車について

Formula 3000 レースカーをベースとした車です。この車はLFSで2番目に速い車ですが、最も難しい車です。この車をマスターすれば、ドライバーに素晴らしい功績を与えるでしょう。Formula One の車ではありませんが、この車はとても素晴らしい車です。パワーウェイトレシオを見て下さい!加速は信じられないほどに素晴らしく、ドライバーを3Gの世界へと導きます。停止時には痛みを感じる程の減速を見せるでしょう。度胸のある人のみ運転して下さい!

セットアップのコツ

あまりアンダーステアに振る必要はありません。リアにしっかりとトラクションが掛かるよう、ダウンフォースを調整しましょう。高い空気圧はこの車ではよく働くでしょう。

BMW Sauber F1 (Formula One)

BMW Sauber F1 (Formula One)
略称 BF1
駆動方式 ミッドシップエンジン リアドライブ
エンジン 2.4リッター V型8気筒
出力 537 kW (720 bhp) @ 19036 rpm
トルク 284 Nm (209 lbft) @ 16797 rpm
車両重量 530 kg (1169 lbs)
パワーウェイトレシオ 1012 W/kg (1378 bhp/トン)
重量配分 フロント: 46.3, リア: 53.7
燃料タンク容量 95 リットル
サスペンション形式 フロント: ダブルウィッシュボーン, リア: ダブルウィッシュボーン

この車について

本物のBMW Sauber F1.06です。どこを取っても信じられないほどに速いです。この車を運転するには、あなたは自分の能力を限界まで引き出す必要があります。あなたはもうシフターを使う必要はありません。- この車の電子制御は、あなたが今まで行ってきたどれよりも素早くギアを変えます。

セットアップのコツ

硬いサスペンションにするのが最も良いでしょう。スプリングを必要としない程にタイヤが良い働きをします。アンチロールバーも硬く設定して構いません。ハンドリングを損なうことなくセッティングできるでしょう。全てのパワーを使い切る為には、トラクションを稼ぐ必要がある為、ウィングはより立てた状態にしてください。トラクションコントロールはあなたが熱くなりすぎないようにするのにとても便利でしょう。初心者の方には 4% が良い値となるでしょう。ハードコアなプレイヤーはこれをオフにすることが多いです。


FRクラス TBOクラス LRFクラス クラスなし
XF GTI | XR GT XR GT Turbo | RB4 GT | FXO Turbo LX6 | RaceAbout | FZ50 LX4 | UF 1000 | Volkswagen Scirocco
FWD GTRクラス GTRクラス シングルシーター
XF GTR | UF GTR FXO GTR | XR GTR | FZ50 GTR MRT5 | Formula BMW | Formula XR | Formula V8 | BMW Sauber F1