LFSについて

出典: LFS Manual
S2でFormula XRを使用してのインターネットマルチプレイレース
Live for Speed S2での素晴らしいタイヤ物理演算
様々な項目を調整できます
古いLFSロゴ
最初期のLFSの開発バージョン
公開されていないマイアミ市街地コースを走行する、LFS v0.1でのGT Turbo

Live for Speed は、Scawen Roberts (ゲームエンジン)、Eric Bailey (サーキットと車)、Victor van Vlaardingen (音楽、Webサイト、販売) によって開発されているオンラインレーシングシミュレーターです。LFSの主な特徴は、そのリアルな物理エンジンと最大40人のプレイヤーとプレイできるマルチプレイモードです。

このゲームは 公式Webサイト でのみ販売されています。他の店などで購入できないのは、開発者たちがパブリッシャーをつけず、独立していたいと望んでいるためです。このため、彼らの望む機能をゲームに追加することができ、マネージャーなどの意見によってゲームのコンテンツを意図しない形で変更する必要がなくなっています。

2002年8月 に Demo版 としてリリースされ、たくさんの人々がこのゲームを試し、そしてインターネットコミュニティに参加しました。多くの開発過程を経て、LFSの ファーストステージ(S1) が 2003年7月 にリリースされました。その2年後(2005年)、S2 Alphaがリリースされ、6か月から1年ごとに新鮮なアップデート開発されてきました(テストパッチは含みません)。

そして現在、S3ライセンスが利用可能になりました。Rockingham と呼ばれる、新しくレーザースキャンされたサーキットが追加されました (より多くのコンテンツがS3ラインセンスに追加される予定です)。

VW Scirocco と完全に作り直されたタイヤの物理エンジンが将来行われる予定です。

3人の開発者たちはコミュニティに密接しており、彼らはよく、アイデアを得たり、プレイヤーがLFSに対して何を望んでいるのかを知るために公式フォーラムに訪れます。全ての新しいアップデートはLFSの自動アップデート機能によりアクセスできます。

物理エンジン

物理エンジンと環境の処理演算は 100Hz 周期で行われています。この演算中には割り込みの起こらない、20 のサブアップデート(車ごとの小さなループ)が行われるため、2000Hz の物理演算が行われているとも言えます。

LFSの歴史

  • 1999年のある日: イギリスのゲーム制作会社「Lionhead Studio」にて、ゲーム「Black & White」を制作中、Scawenはフリータイム中に小さなスタントシミュレーターを作り始めました。
  • 2001年 春: 「Black & White」のリリース後、ScawenとEricはLFSに彼らの全ての時間を使うため、「Lionhead Studio」を退職しました。
  • 2002年8月18日: ゲーム「West Racing」のフォーラムユーザーがデモテストの0.04kを見つけ、これがインターネット上でLFSが広まるきっかけとなりました。http://www.west-racing.com/forum/index.php?topic=958.0
  • 2002年9月19日: 公式LFSフォーラムがRace Sim Centralにて開かれました。http://forum.rscnet.org/forumdisplay.php?f=205
  • 2003年7月17日: Live for Speed S1のリリース。初のフルバージョンのLFSです。
  • 2003年7月29日: Webサイト LFSWorld がオンラインになりました。 http://www.lfsworld.net/
  • 2005年6月25日: Live for Speed S2 Alphaのリリース。
  • 2005年8月10日: 新しい公式LFSフォーラムがオンラインになりました。http://www.lfsforum.net
  • 2007年5月28日: LFS Merchandise (雑貨店) Webサイトがオープンしました。http://www.lfsshop.net
  • 2014年9月5日: LFS Webサイトが刷新されました。http://www.lfs.net
  • 2015年12月19日: S3ライセンスが利用可能になりました。

LFSのメジャーリリース

  • 18.08.2002: 0.04k - The first public LFS version ever
  • 06.09.2002: 0.1B - Demo test with added reversed track configs
  • 22.03.2003: 0.2A - Demo test, similar to S1 but without the new cars & tracks
  • 17.07.2003: 0.3A - S1
  • 05.04.2005: 0.5K - S2 Demo Alpha, features work-in-progress S2 physics but with only demo content
  • 25.06.2005: 0.5P - S2 Alpha, physics improved since 0.5K but still in development, full S2 content available
  • 19.12.2015: 0.6K - The S3 License is available

LFSの完全リリースリスト

リリースされた多くのテストパッチはこのリストには含まれていません。

LFSのリリースの歴史のチェンジログを含んだ完全なリストは、バージョンの歴史 もしくはバージョンの歴史(完全版)(全てのテストパッチが含まれています) をご覧ください。

Demoテスト時代

  • 18.08.2002: 0.04k - The first ever public version of Live for Speed
  • 31.08.2002: 0.04Q - ???
  • 06.09.2002: 0.1B - Major update, lots of bug fixes and surprises
  • 11.09.2002: 0.1C - ???
  • 15.09.2002: 0.1E - Greatly improved controller support
  • 11.10.2002: 0.1F - Replays controls, more options and improvements
  • 27.10.2002: 0.1H2 - Added multiplayer replays, other small improvements and bug fixes
  • 09.11.2002: 0.1J - Small improvements and bug fixes
  • 13.12.2002: 0.1N - Small improvements and bug fixes
  • 30.01.2003: 0.1P - Small improvements and bug fixes
  • 05.02.2003: 0.1Q - Small improvements and bug fixes
  • 19.02.2003: 0.1T - Small improvements and bug fixes
  • 04.03.2003: 0.1W - Mostly bug fixes
  • 22.03.2003: 0.2A - Demo test, similar to S1 but without the new cars & tracks
  • 02.04.2003: 0.2B - Uses UDP packets for car position updates, various minor fixes
  • 02.04.2003: 0.2C - 0.2B had a bug and was replaced by 0.2C the same day
  • 07.05.2003: 0.2D - Adds skins_x directory for other drivers' skins
  • 01.06.2003: 0.2E - New SPR replay format (was GST format), added bump stops, gear ratios individually adjustable
  • 25.06.2003: 0.2F - Master server IP change update

S1 時代

  • 17.07.2003: 0.3A - First release with paid for content
  • 25.09.2003: 0.3B - Adds translations, fixes many bugs
  • 30.10.2003: 0.3C - Allows up to 16 players to race online at once (previously 12), adds remote administration
  • 31.10.2003: 0.3D - Small bug fixes
  • 15.12.2003: 0.3E - Adds a new car (MRT5)
  • 02.03.2004: 0.3F - Adds HVS support, in-game LFS World integration and makes changes to keyboard steering system (less assists)
  • 08.04.2004: 0.3G - Reduces multiplayer warping, faster server browser, adds option to block chat messages
  • 08.10.2004: 0.3H - Adds skid marks and improved online stability

S2 プレアルファ時代

  • 14.08.2004: 0.5A - Pre-alpha tested at the Games Convention in Leipzig, included MRT6 and LX8 GTR

S2 アルファ時代

  • 15.01.2005: 0.5D - S2 CMX viewer released so work on S2 skins could begin
  • 11.02.2005: 0.5F - Early alpha build leaked across the net at some point in March, S2 content included but only S1 content could be unlocked
  • 05.04.2005: 0.5K - Demo content only with numerous WIP improvements from v0.3
  • 30.04.2005: 0.5L - Updated demo with the addition of clutch pack differentials and improved tyre heating
  • 17.06.2005: 0.5N - Updated CMX viewer released only
  • 25.06.2005: 0.5P - First official release with full S2 content, up to 20 cars per server
  • 27.11.2005: 0.5Q - Improved international support
  • 18.04.2006: 0.5S - Updated CMX viewer released only
  • 21.04.2006: 0.5T - Improved tyre & aero physics, a new car (BMW Sauber F1.06), two new configurations for Aston and much more
  • 29.04.2006: 0.5U - Adds Outgauge system, server welcome messages, also fixes many small bugs
  • 22.12.2006: 0.5V - New engine sound system, improved multiplayer, auto-patcher system and many small GUI and usability improvements
  • 31.03.2007: 0.5W - Improved car sounds, various graphical updates, many small other improvements
  • 08.06.2007: 0.5X - Improved multiplayer (up to 32 cars per server), pre-load added to clutch pack diffs, handicaps system, high-res skin downloading
  • 08.07.2007: 0.5X10 - Adds force cockpit view option, lots of smaller usability improvements
  • 21.12.2007: 0.5Y - Improved physics, updated tracks (South City and Blackwood), a new car (Formula BMW FB02), engine stall, clutch wear, AI improvement
  • 02.07.2008: 0.5Z - New interiors for some cars, physics parameter updates, replay controls, demo licencing, and more langauge translations
  • 28.10.2009: 0.5Z25 - Improved car shadows, new wheel drawing system, improved road car dashboards, ABS brakes on some road cars, improved and much faster List of Hosts, powerful and flexible multiple screen support
  • 25.11.2009: 0.5Z28 - Installer, storage of multiple host passwords, added support for lfs://
  • 17.06.2011: 0.6B - Open track configurations, autocross and object improvements, collision reporting system and other InSim changes, adjustable tyre warmers for hot lapping
  • 30.11.2012: 0.6E - Multiplayer improvements – New "instant" join system for fast and reliable connection, new packet buffering and storage system, new hacking protection and cheat detection systems
  • 21.06.2014: 0.6F - Support for 3D devices (3D TVs, Oculus Rift), DirectX 9 graphics engine
  • 27.09.2014: 0.6G - Oculus Rift DK2 support, graphical improvements
  • 02.04.2015: 0.6H - Rebuilt and extended version of the Westhill racing environment with additional configurations, full support for open configurations, improvements to the layout editor
  • 15.08.2015: 0.6J - High performance update

S3 時代

  • 19.12.2015: 0.6K - The S3 license is now available with Rockingham, graphical improvements including new reflections and dynamic environment maps, AI improvements, support for HTC Vive
  • 13.02.2016: 0.6M - Rockingham update, borderless window system and other fixes
  • 24.03.2016: 0.6N - Updates in VR ("look and click" system, virtual keyboard) and audio
  • 16.04.2016: 0.6P - Updates in VR and controller support
  • 03.09.2016: 0.6Q - New system to simulate the mirrors realistically, full stereoscopic 3D mirrors in VR modes
  • 28.01.2017: 0.6R - Rebuilt and extended version of the Blackwood racing environment (plus an industrial estate open area), minor improvements (shadows, track maps)

リストにないバージョンは、テストのためにベータチームにのみ配られています。

LFSTimeline.png

詳細は https://www.lfs.net/news をご覧ください。

開発チーム

インタビュー