ムービー作成 チュートリアル

出典: LFS Manual

By (SaM)

動画を作るおつもりですか?ここを読めばどのようにすれば良いかわかると思います。

注意: 以下は英語圏向けに作られたものを翻訳しているチュートリアルです。日本人向けにはより適したソフトがあるかと思われますので、ご存知の方は編集をお願い致します。

録画

  • まずFrapsを起動します。フルサイズの30fps(動画がカクつくようであればより低く設定しましょう)に設定し、録画モードにしましょう。
  • 次にLFSを起動します。Options -> Misc より、フレームレートを30fpsを上限に設定しましょう。
  • リプレイを再生します。(必要であれば、Shit+Uを押し、ユーザーカメラを設定しましょう。Press Follow car: (PLAYER) to let the camera follow the nearest car. Press SPACE to remove the usercam menu.)
  • Press SHIFT + F to remove the on-screen displays. Press SHIFT + F for the second time and it will disable the chat and the replay timeline.
  • Press F2 to slow down the replay at 0.5 speed.
  • Press the record button you specified in Fraps. When finished, stop recording with the same button.
  • VirtualDubを起動します。録画したaviファイルを開きましょう。Go to Video > Frame rate. Click on Process every other frame and press OK, or click on 'Change to [ ] frames per second' and put down the double amount of fps you set Fraps to. The last option will give the video more fps but you will only notice the difference if you will use slowmotion on this clip in the movie. This is because movies generally dont have more than 30fps.
  • To reclaim the distorted sound from the video, in VirtualDub, go to Audio > Full Processing Mode, Audio > Use Advanced Filters, Audio > Filters... . Click 'Add', and select the Filters: Input > New Rate > Resample > Output. Click on the 'New Rate' filter, and then press the configure button, and finally, double the existing Frequency value.
  • If this is all the movie needs, 1 clip, go to Video > Compression and choose one of the codecs (XviD or DivX are recommended). Press F7 to save it and it's done.
  • If you want to edit this clip together with some other clips into a movie, press F7 without compressing it and save it. Now it's time for editing.

編集

Adobe Premiere Proをお持ちで動画編集の基本をご存知の方はそちらをご使用ください。Premiereを使えるのであればこの説明を読む必要はありません!もし使い方を知らないのであれば、スタートメニューから見つけることができる、Windowsムービーメーカーから始めましょう。

よりプロフェッショナルな動画編集をしたいのであれば、Premiereを使いましょう。

あなたが撮影したクリップを正しい順序でインポートし、短くしたり長くしたり、必要であればトランジションを追加しましょう。トランジションを使用する際には、ディゾルブか黒画面へのフェードイン/アウトを使いましょう。それ以外はプロのように見えない場合が多いです。必要であればタイトルやクレジットを追加し、全ての作業が終わったら動画を保存して終了しましょう。

編集 (aviSynth)

他にある素晴らしい(しかも無料な)動画編集ソフトとして、aviSynthが挙げられます。AviSynthは正確には、それだけで起動するプログラムではありません。基本的にはフレームサーバーをインストールします。このフレームサーバーはあなたのスクリプトを読み込み、VirtualDubなどのプログラムへフレームを受け渡します。There is also a IDE that you can download that allows you to see the different commands that you can use to modify your video.

  1. インストール
    1. まずはじめに、上記で説明されているように、VirtualDubをダウンロードし、インストールする必要があります。
    2. 次に、AviSynth Sourceforge ページへアクセスし、最新版のプログラムをダウンロードします。また、AviSynthのスクリプトを編集する、AVSEditというソフトウェアをインストールしましょう。
    3. 最後に両方のプログラムをあなたのパソコンへインストールします。
  2. 最初の動画
    1. 録画セクションでの説明を参考に、LFSから動画の「クリップ」を録画しましょう。3つのクリップを撮影すると良いでしょう。
    2. AviSynthスクリプトを作成し、プレビューを見てみましょう:
      • ダウンロードしたのであれば、AVSEditを起動しましょう。そうでなければメモ帳を起動しましょう。
      • clip1 = DirectShowSource("F:\fraps\clip1.avi")と入力しましょう。ファイルのパスは自分のものへ変更してください。
      • 同じことを残ったクリップにも繰り返します。ただし、clip1の代わりに、clip2といったように別の値へ変更してください。
      • When you are finished typing in all of the video clips, and assigning them to variables, the last thing to do for our simple movie is join all of our clips. When you do not assign the results of a function to a variable, then the data is "returned" to the frameserver, which generates your video. So, type in UnAlignedSplice(clip1, clip2, clip3) and, for any remaining clips just add them into the function, using a comma to separate them.
      • Now, we will render our script using VirtualDub. Go to File>Save, and save your script as anything ending in ".avs". Now, open up VirtualDub. All you have to do is drag the script from wherever you saved it onto the program. All you have to do once you want to save the video, is follow the directions for compression in the Recording section of this page.

アドバイス

視聴者に易しい動画を作ることが、アドバイスです。

My advice on making movies is keep it viewer friendly. Think what kind of movie it is, is it a cool movie with lots of cool action, edit the shots quickly and choose quick music, but dont make the movie messy, where lots of stuff happens and you dont know what's happening.

If the movie is more gentle, focus on recording the action clearly and in stylish camera positions+movements.

I know this sounds obvious, but it's often forgotten. A good movie should be a whole package where everything is working together.

Make the editing and effects the same as the kind of movie.

Watch the movie every now and then when you make progress and think what it would be like if you were a viewer. What would he expect and what would he like to see. To stop messages from being displayed in Multiplayer replays, open up cfg.txt wich is in the LFS folder. Search for 'MPR Message Block' and change it to 1, change it back to 0 afterwards if you want. Remeber to save it when LFS isnt running.

Shift+U からアクセスできるユーザーカメラでのコツは、大きすぎる視野角を避けることです。90°以上は多すぎます。90°より小さい値をしておくとズームしているように見え、見栄えが良くなります。

Also, use at least some View smoothing to make the movement of the camera go more dynamic and not instant. A low movement speed is also recommended, I use something around 3 to 20m/s.

Another advice is keep the continuity. Never go back in time (only if you want to get a flashback effect.)

Good luck and have fun!


基本セットアップガイド | 応用セットアップガイド | テクニカルリファレンス | スキン作成 チュートリアル | オートクロスエディタ | ムービー作成 チュートリアル | スクリプト作成 | Host チュートリアル | LFS プログラミング | ファイルフォーマット