初心者への注意

出典: LFS Manual

ルールを把握する

どのような競技でも、ルールを把握することはとても大事なことです。まずは クリーンなレースをするために をよく読み、これを守りましょう。

挨拶

どのホストに接続する場合でも、簡単なものでも構わないので、挨拶はきちんとしましょう。(例:hi/byeなど)

挨拶をすることで、コミュニュケーションを取る意思があることを表すことができます。また、挨拶を行わないプレイヤーに対してKICKやBANなどの処置をとるホストが一部存在します。

フラッグの意味

レースにおいて、フラッグの意味を理解していないことはとても危険であり、他のプレイヤーに迷惑を掛けることとなります。フラッグの意味をよく理解して、クラッシュなどのトラブルを避けるようドライブしましょう。

イエローフラッグ

前方に事故車、もしくは低速走行中の車がいるため、注意して走行しなければならないことを意味します。

場合によってはスローダウンする必要があります。

ブルーフラッグ

あなたが周回遅れのときに、後方からあなたよりも速く走行している車が来ていることを意味します。

ただちにラインを空け、その車に譲る必要があります。

英語が得意でない方へ

LFSはイギリスで制作されているレーシングシミュレーターです。そのため、コミュニケーションは基本的に英語で行う場合が多いです。(一部のホストでは、メインチャット上では英語で会話することを義務付けていることがあります。)

他の日本人プレイヤーと日本語で会話をすることは、その他のプレイヤーにとって不快となることがあります。日本のサーバーでない限り、プライベートメッセージを使用するなど、場をわきまえた行動を心掛けて下さい。

また、クラッシュされたときなど、無闇やたらとFワードを使ったりして、他のプレイヤーを罵るようなことをしてはいけません。単純に、"Don't crash please."(クラッシュしないで下さい。)と入力するなど、紳士的な対応を心掛けましょう。

他の言語の場合、相手の年齢が分かりづらいことが多いですが、クラッシュを好み、嫌がらせをするプレイヤーの多くは10代前半の若いプレイヤーである場合が多く、罵ると逆効果となる場合があります。